城崎を食らう 城崎温泉 交流人口200万人計画

城崎温泉水翔苑のトップページへ戻る。

ブログ

‘4.メモ’ カテゴリーのアーカイブ

城崎温泉 交流人口200万人計画

城崎温泉の魅力は「温泉」と「街並み」と「人」であると思います。今も昔も温泉を中心として「めぐるまち」を守り、人と人とが協力できる「共存共栄」の精神のもと全体のグランドデザインを考える必要があります。まち全体が目標に向かって進むためにも、「明確なテーマ作り」「実行のための議論」「BETTER議論」をすることが大切であると思います。

※グランドデザイン骨子

城崎温泉全体を一つの建物とみなし城崎温泉駅が玄関、道路が廊下、部屋は旅館、売店は商店などの考え方が基本となります。「自分の家なら」の発想です。

「天の時」とはタイミングを意味いたします。未曾有の出来事が起こる時代において、突発的な事業や活動など、いざというときに動かなければならない現代となっています。そのためにもタイミングを逃さず行動の出来ることが重要です。

「地の利」とは行動をおこすための環境を意味します。いつ何時に機会があったとしても、その行動に対する用意がなければ動くことができません。その環境を整えることが必要となってきます。

「人の和」とは人そのものの協力や団結を意味いたします。城崎温泉の基本(共存共栄)の精神のもとで行動のための情報共有を行い、いざという時に団結して実施できるようになることが不可欠です。

●観光ターゲット

城崎温泉は先人達の努力により現在、比較的若いお客様に好んでもらえる温泉地となりました。しかし世の流れを見ていますと、2020年頃までは高齢者が増え続けますが、それ以降は高齢者も激減することがわかります。したがって将来的にインバウンドを取り込まないと城崎温泉の未来は明るいものにはなりません。世界の温泉地となるためにも下記の項目の実施が今後必要となってくるでしょう。

①     オンシーズン…関西圏のお客様

②     オフシーズン…首都圏並びに”インバウンド”のお客様

●観光地としての連携

世界の観光地である京都の奥座敷として以前、城崎温泉は発展してきました。その原点に戻り、

城崎-京都

城崎-天の橋立

城崎-鳥取

の三県との連携、タイアップが必要となってきます。2泊以上の旅行に城崎を取り入れる候補として上がることが大切ですし、これから必要となってきます。

●交通について

まちを「めぐる」ためにもお客様に安心して歩いてもらう仕組みが必要です。外湯めぐりや街並みをより一層楽しむにもまちを迂回する道「桃島バイバス」の実現を目指す必要があります。それが実現すると下記のようなことが実行できるようになります。

1. 北柳通り、湯の里通りの歩行者天国化(時間制)15:00~21:00

2. 10月14日、15日の両日交通規制

3. エコカーバスによる「城崎オムニバス」の運行(無料乗車、お客様・町民とも)

●駐車場について

現在1600台の駐車場がありますが、駐車場は不足しているのが現状です。城崎温泉に来られたお客様が共同して使用できる駐車場の整備が必要となってきます。そのためにも「桃島バイバス」の出入口付近、菊谷島や桃島池、大会議館付近、そして現在の城崎小学校と中学校を一元化し、その運動場を駐車場に、建物を関係施設にし2000台規模の駐車場を確保する必要があります。そしてお客様は無料バスに乗車し街中や旅館に向かう仕組みを作ります。

●外湯について

自分の家に同じような温泉施設を作らないと同じように、外湯も趣の違う外湯にすべきです。下記のような施設があっても良いのではないでしょうか。

1. 洗い場のない外湯(湯船スペースの重視)

2. 夜中3時まで開いている外湯(各種マッサージができる)

3. 塩素投入がない外湯(源泉かけ流しのみ)もしくは塩素投入しなくても良いように条例変更

4. 男女共同浴場の外湯(兵庫県の条例を変える)

5. 有馬の金泉のような外湯(城崎内で金泉?も場所によって出る)

●コジュネレーション計画

エネルギー資源の確保のためにもコジュネレーションシステムを取り入れる必要があります。城崎温泉内で温泉を利用した発熱システムを導入し電気を作り、その際に発生した熱源で冷暖房利用や給湯システムを構築し販売いたします。豊岡市としてもこのシステムを利用する企業住民に対し減税対応等を取り入れ町内で生産消費できるエコ地域をつくる必要があります。

●居住について

町民でも従業員でも住む処は必ず必要です。城崎温泉全体で使用できる居住施設を整えることが必要であると思います。旅館の従業員が住む場所がない場合はその居住施設を借りて住みます。企業側は居住施設主と契約し、その家賃の半分もち残金は給与から引き居住施設主に支払します(準住宅制度)。そうすることによって税控除額も多くなり、従業員にも企業にも多くのメリットを発生することになります。

●城崎温泉Wi-Fi化

今やネット環境があるのは当たり前です。これからは益々、PCの小型化(スマートホン時代)になることは間違いありません。城崎温泉全体(外湯を中心とした街中)がWi-Fi化することにより、地元住民もお客様も便利な城崎温泉になることは間違いありません。情報発信、受信を効果的に効率良くする仕組みが必要です。

●社会の原点(だんじり祭り)の保護

社会とは社(やしろ)で会(あう)と書きます。城崎人は多くの経験や知識を秋祭り(だんじり祭り)で苦しみ楽しみながら学びます。城崎人が集まって一つのことに夢中になれるだんじり祭りを守るためにも「だんじり会館」を作りだんじりの保護と作業場所の確保、そしてお客様にも年中だんじりを見ていただいたり興味を持っていただいたり(誘客)、収入の一助にもなる要素があるものだと思います。

●城崎全体に情報を共有する仕組み

城崎温泉新聞、携帯電話を使ったメーリングリスト、facebookでの発信、twitterでの発信など。

●決定権システム

全体的に考えて良いことなのに、一部の不利益、レアケース重視による決定できない仕組みを改善する必要があります。お客様重視なのか住民重視なのかを判断するケースもありますが、観光地としてお客様重視すべきだと思います。


人間関係

たての社会(先輩:後輩、年配者:若輩者など)は社会の中やまちづくりをする上で
大切な要素である。

一昔なら、普段の生活の中で先輩や年配者を尊敬し、
わからないことがあれば聞き、知りたいことがあれば教えてもらい、
その中で尊敬や敬意を払うようになるのだと思う。

最近では先輩に聞く行為をしなくてもインターネットなどで情報がすぐに手に入ってしまう。
そのことが、聞かなくても良い(必要ない)ことになり、
しいては、それがたて社会の崩壊に繋がるのではないかと思う。

城崎では、秋祭り(だんじり祭り)というすごい祭りがある。
ここでは、祭りのことはもちろんのこと、社会人としての基本や、
先輩や年配者の大切さ、そして大げさですが、人生の縮図を教えてもらうような気がする。

一番大切なのは人間関係、
すべてのことに人が携わり、すべてのことに人が動く。

城崎の秋祭りは、とても重要なまちづくりの一つである。


ひとづくり

まちづくり(まちに携わる)に大切なことは、
ひとづくりであると考える。

まちづくりに必要なひとづくりとは、
行動力とリーダーシップ、
そして、知識と凄みが必要ではないかと考える。
もともと、そのような能力やリーダーシップのある人物は別として、
そのような経験や考えを持っていないと、途中で挫折したり、自分が潰れてしまったりしてしまう。

上記のような多くのことを学んだあと、まちづくりに携わることが、
まちに対して、一番の近道なのかも知れない。


限界

自分の限界を知ることは、とても大切なことだと考える。
限界を知る方法はどのような場合でも良いと思うが、自分自身の限界を知ることができたなら、
今後、大きな成長の助けとなると思う。

1、責任ある立場である。(委員長、会長、理事長など)
2、計画をたてる。
3、やりとげる。

この3つを基とし、自分の限界を知ることができるところ(会や研修など)があるならば、
率先して自分を試してみたほうが良い。
何回も、この経験はできないが(壊れてしまう)一生に一回は体験するのと、しないのでは、
大きく違ってくるのだと思う。

「あのときと比べたら、今のことはたいしたことない」

そのように感じることのできる経験、そう思える経験、それが大切。
自分の限界を知ることで、自分自身を一歩も二歩も成長させることになる。


イベントについて

イベントについて個人的思考を記載します。
イベントは大きく分けて、2種類のタイプがあると思います。

1つは、実践集客型イベント。
もう1つが、自己経験型イベント。

最初の実践集客型イベントですが、これはお客様に多く参加していただくイベントで、実際の集客が最大の目的であり、それに対する将来の方向性は少ないのですが、その時の効果は大きいイベントであります。

2つめの自己経験型イベントですが、上記の集客が目的ではなく、そのイベントを計画そして実践することで、自己もしくはその仲間が大きく成長することができるイベントであります。ですからこちらのイベントを行う際には、「このイベントを行うと将来どうなるのか」また「どのような目的をもって、どのように参加者や実行者に伝えるのか」ということが大切となり、その部分が大きなウエイトをしめることになります。

どちらのイベントともに実行している者は大きな経験を得ることができるのですが、「本物」の「真」の気づきを得ることができ、自分の街に対して、また協力者に対して、そして自己の成長に対して大きなステップを得ることが出来るイベントは自己経験型イベントであると思います。

少し遠回りになるのかもしれませんが、この「本物」の「真」の気づき得た人、経験をした人が行う経験後のイベントや意見は大きな実りのなるイベントや意見が多く、そのために自己経験型の各種研修や事業があると思っております。

以上


地域発展の基本(個人的思考)

まちづくりを行う上で、自分なりに大切だと思うところをメモ書きいたします。
各会でさまざまな勉強(トレーニング)をさせていただいて、ある時期から自分なりの考え方が出来てきました。その考え方は正解や不正解などはないと思うのですが、これまでの先輩や先人の皆様が築き上げてこられた知恵や手法を私も学び、その上で自分の経験をふまえ考てのことですのでご了承ください。

まちづくりを行う上で重要なことは、現在まちで何が困っているのか、何が問題とされているのかに対し、それを解決するために事業を行うことが、住民の理解、並びにまちづくり事業となる。ということです。
城崎温泉のまちづくりも、「水害に強いまちを」「災害に強いまちを」という観点からまちが変化し、その上でその変化させる事柄をどのように観光に発展させるか、未来につなげるか、によって今のまちが出来ていることを教わりました。

まちづくりの基本の流れとしては、
1、調査
2、分析
3、企画
4、行動
5、評価
の流れとなると考えてます。

「1、調査」
ですが、まちに対して、ひとに対しての取り組みを行う際、今、現在まちやひとにはどのような問題や不満がおきているのかを調べる必要があります。この調査の結果に対して事業を行うことが最善の方法であり、良き方向性を出してくれる目安をつかむことが出来ます。調査をせず企画行動をすると自己満足的な結果となることが多いと経験上感じました。

「2、分析」
ですが、調査で出てきた問題に対し分析をすることは必ず必要となってきます。どのような要因があるのかを分析し、ものに対して事業を行うべきなのか、ことに対して事業を行うべきなのか、また心に対して事業を行うべきなのかなどのことが決定されます。

「3、企画」
ですが、調査分析で出た結果をもとに問題や不満が解決できるために企画を行います。解決するためには、なぜその事業を行うのかに対する主旨と目的が必要となってくると思います。

「4、行動」
ですが、企画をしても行動しなければ意味がありません。この企画まで行う方々は多くいるのですが、いざ行動まで実行することは大くの体力や時間を必要するため少なくなります。また、立派な考えや企画を考える人よりも、実際に実行する人のほうが、尊敬できる人であると私は思います。

「5、評価」
ですが、このことも大切な要素です。「行動をおこしてそのまま」ではなく、さらに次につなげるために、また自分自身のためにも評価を行い、次のための基準を作っておくことが大切だと思います。その方法としてよく用いられるのか「報告書」であり「調査研究のまとめ」などの事業であります。

このような循環(サイクル)が大切だと私は思いますし、まちづくりを行う上での基本だと思っております。


城崎温泉歩行者天国計画

個人的まちづくり指向
【城崎温泉歩行者天国計画】

城崎温泉は外湯めぐりが有名なまちです。
お客様は外湯めぐりをする際、色とりどりのゆかたを着て外湯めぐりをされます。
まちを徒歩で散策すると車が横を通りすぎ、また道路が狭いこともあり、とても危なく感じることもあります。
まちを見ながら、ゆかたをきて子どもをつれていますと特にそう感じるかもしれません。
お客様から、「危ないね」「歩行者天国に出来ないの」とのご意見をいただくこともあります。

そういえば以前、将来城崎温泉内(一部及び時間制)を歩行者天国にし、お客様に安心して外湯めぐりが出来るようにと考え文化フェスタ実行委員会事業で、「北柳通り歩行者天国」を実施いたしました。
夕方19:00~21:00までの間、地蔵湯橋~一の湯橋を歩行者天国にし、演出並びにお客様のご休憩の一助となるよう道路に床机や竹灯篭、そして風鈴を付け、情緒を出しました。

近いうちに城崎温泉が歩行者天国になれば、日本一、いや世界一の温泉地として有名になることだと思っております。

現在、城崎温泉はまちの中心地迂回のためのバイバス作りや、兵庫DCへ向けて歩行者天国を計画いたしております。